現場で最も苦労をする点は?

介護現場で最も苦労をする点は、相手も人間だというところです。
人間ですから毎日気分の上下があり、人によっては相性もあります。

しっかりとコミュニケーションを取れなければ、最善の介護は実現しません。
痛いところはどこなのか、何をして欲しいと思っているのかをしっかりと聞き出すコミュニケーション能力が強く求められています。
話を聞き出すのが苦手だという人は、重大な病気のシグナルを見逃してしまう危険性もあります。
たかがコミュニケーションですが、それが利用者の安全を確保する一番の手段になるわけです。
軽視せずにこの部分でいい結果を残せるように努力をし続けなければなりません。
人見知りだと諦めてしまうことは、利用者の利益に反します。
天気の話や利用者の今着ている服の話、ご飯の話、そんな話からでいいので少しずつ声掛けをしてコミュニケーションを取っていきましょう。
利用者とのコミュニケーションで求められていることは何か、雑談力の磨き方はどうしたらいいか、こちらのサイト介護職スタートアップ講座は何かいいヒントになるかもしれません。

また、介護現場は人手が足りていないので、一人の肩にかかる重圧が大変大きくなっているのも問題です。
一人で何人もの利用者の世話をしなければなりませんし、体力的にも精神的にもかなりの苦労があります。
その割には報酬が安いですから、中には疲弊して辞めていってしまう人もいます。
少しでもこうした苦労を和らげる努力が必要です。
そうしないと、今後ますます少子高齢化は進んでいくわけですから、持続可能な社会が実現しなくなってしまいます。
ロボットが仕事を代わりにしてくれる時代はまだまだ先なので、制度を改善させていくなど、総合的な努力が求められています。
また、在宅でのケアを拡充していって、国民全員がお年寄りを大切にする風土を作ることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.